タグ:フィリップⅡ ( 24 ) タグの人気記事

10年目のジョンロブ フィリップⅡ

b0017044_16135311.jpg

これは2004年に購入したジョンロブのフィリップⅡであるが履き始めて今年で10年目になる。
購入後5年間は月1回ペース、6年目以降は週1回ペースで履いているのだが、現在の状態について見てみることにする。


アッパー
b0017044_16195846.jpg

アッパーの皺は10年履いたと思えないくらい少なく、皺の入り方もごく自然だ。
年数が経つにつれて革がしなやかになっていることを手入れするたびに実感する。
高級靴でないものは、履き始めから”いやな”皺が入ったり、10年を過ぎたあたりから皺にひび割れが生じてくることが多いが、ジョンロブはそのようなことはなく、さすがよい革を使っているのだと感心する。
b0017044_162634100.jpg



ステッチ
b0017044_16271544.jpg

ステッチのほつれは全く見当たらない。
フィリップⅡはジョンロブの上級モデルであるプレステージラインであるため縫製についてもしっかりしているようだ。
写真にはないが、靴紐にもよれやほつれなどはなく、わずか5年で靴紐がよれてしまったエドワードグリーンとは大きな違いだ。


サイド
b0017044_1629914.jpg

日常の使用においてはどんなに気を付けていてもサイドやヒールを擦ってしまうことがある。
この靴も例外ではないが、その後のケアでほぼ修復できており、今でもご覧の通り綺麗な姿となっている。


トゥ
b0017044_16524840.jpg

ややお見苦しいが、トゥの減り具合いはご覧の通り。
10年履いたということを勘案すれば減りは少ないといえよう。
なお、トゥのみジョンロブの純正ワックスを使用しているが満足のいく光沢が得られている。
中身はサフィールノワールと同じ製品のようなので、そちらを使ってもよいだろう。


ヒール
b0017044_16343074.jpg

ヒールもご覧の通り、10年履いたとは思えないほど減っていないが、ジョンロブのヒールゴムのクオリティにもよるのだと思う。
なぜなら、この靴よりずいぶん後になって履き始めたエドワードグリーンのチェルシーの方が減りが早いのだ。
なお、純正ヒールの交換は8,000円となっている。
b0017044_16535368.jpg



ソール
b0017044_16373589.jpg

写真は載せないがソールの減りもほとんどなく、このペースでいくと3年後(購入13年目)でヒールを交換し、8年後(購入18年目)でオールソールとなるだろう。


高級でない靴は見た目の傷みがあまりなくても、10年も履くと”履きたくない”という気持ちになることがよくある。
おそらく10年も履いているのにあまり馴染んでないとか、見えないところでクオリティの低さが露呈されていることが原因なのかもしれない。
安いワインを長年置いておいていても風味豊かなワインにはならないのと同じなのだろうか。
私は安い靴を買い続けるほど裕福ではないので、これからもジョンロブとは付き合いを続けていくことになりそうだ。

このフィリップⅡは935ユーロ(税引き後841.5ユーロ)で購入、当時の円貨では約11.7万円(1ユーロ=139円)だった。現在は885ポンド(税引き後770ポンド)、約13.1万円(1ポンド=170円)となっている。
[PR]
by ginza-tokyo | 2014-05-18 17:26 | Shoes 靴

John Lobb ジョンロブのPhilip II フィリップⅡ

b0017044_1561679.jpg
これは今回ノーザンプトンのJohn Lobb ジョンロブファクトリーで購入したPhilip II フィリップⅡ
こちらの記事で紹介したがフィリップⅡは4足持っているのでこれで5足目となる。ジョンロブとしては21足目だ。

b0017044_205718.jpg
色はダークブラウンで革はオックスフォードカーフ。オックスフォードカーフはミュージアムカーフやミスティカーフと違って色ムラがないため、あまり色気や艶感がない。

b0017044_241478.jpg
他の茶系の靴と違うのがライニングとインソックが濃茶というところ。この方がライニングの擦れや汚れが目立たず、しかもRマークがタン裏に記載されているので目立たないという利点がある。

b0017044_211270.jpg
b0017044_2112285.jpg
シームレスヒールやベヴェルドウェストはプレステージラインならではの作りだ。しかしシームレスヒールは他のヒールより若干緩く感じるので履き心地よりデザインのためのものなのかもしれない。

購入価格は555ポンドでVAT免除後488ポンド(約61,000円)だったが、正規品の場合はシューツリーがついて885ポンド(VAT免除後779ポンド)なので36,000円くらいしか差がない。
これくらいの差であれば正規品を購入した方が良かった気もする。
[PR]
by ginza-tokyo | 2012-07-29 02:41 | Shoes 靴

John Lobb ジョンロブの価格情報(2012年6月)

2012年6月にロンドンとノーザンプトンでJohn Lobb ジョンロブの靴の価格を調べてみた。

まずはジャーミンストリート店で販売している正規品から。
Philip II フィリップⅡ  885ポンド
City II シティⅡ     655ポンド(753ポンド)
Chapel チャペル    920ポンド(885ポンド)
William ウィリアム   655ポンド
Saunton ソーントン   655ポンド(753ポンド)
Chigwell チグウェル  680ポンド
John Lobb 2011    980ポンド
( )は2011年1月価格改訂時
以前に比べてCity II シティⅡとSaunton ソーントンは98ポンド安くなり、逆にChapel チャペルは35ポンド高くなったが適正な水準じゃないだろうか。

次にノーザンプトンのファクトリーで販売しているR品とS品の価格だ。
Philip II フィリップⅡ   510ポンド、555ポンド
City II シティⅡ      380ポンド、410ポンド
Chapel チャペル     530ポンド、580ポンド
William ウィリアム    380ポンド

JermynIII ジャーミンⅢ  620ポンド
City III シティⅢ      330ポンド
Chambord シャンボード  520ポンド
John Lobb 2010      615ポンド
Edward エドワード     480ポンド、520ポンド
Lopez ロペス        430ポンド
Staveley ステーブリー   380ポンド
Winner ウィナー      295ポンド
Riviera リビエラ      210ポンド
Driver ドライバー      210ポンド
Home Shoes ホームシューズ 160ポンド

ファクトリー価格は1年前にこの記事で紹介した価格と大差ないようだ。

ファクトリーで扱っているサイズは5~11とかなり豊富である。
あとは自分に合うウィズが見つかるかどうかだが、在庫が多いのはEEウィズでDとEウィズは在庫切れのモデルが多い。
[PR]
by ginza-tokyo | 2012-07-08 08:35 | Shoes 靴

John Lobb ジョンロブのPhilip II フィリップⅡの靴磨き

b0017044_07585.jpg
John Lobb ジョンロブのPhilip II フィリップⅡを磨いた。
ジョンロブの純正ワックスで磨いたのだが、結構ピカピカになった。

b0017044_0151228.jpg

b0017044_016141.jpg
この靴は2004年に購入したので今年で8年目になるが、多少の履きじわはあるものの革の劣化などは感じられない。やはりジョンロブのプレステージラインは良い革を使っているんだろうな。


ジョンロブの純正ワックスを使用した場合、モデルによってどのくらい輝き具合が違うのか調べてみた。
b0017044_0201633.jpg
写真の左側がダークオーク・カーフのPhilip II フィリップⅡで、右側がダークブラウン・ミュージアムカーフのCity II シティⅡだ。
同じように磨いたのだが、シティⅡはマットな感じに仕上がってフィリップⅡのような輝きを得ることはできなかった。
b0017044_027646.jpg
b0017044_0273061.jpg
ただ、トゥのアップだと光沢の差は感じられない。
ヒールはクリームしか使ってないのでどちらも似たような仕上がりだ。
[PR]
by ginza-tokyo | 2012-01-18 01:18 | Shoes 靴

John Lobb Jermyn Street ジョンロブ ジャーミンストリート店

b0017044_1828117.jpg

昨年7月にJohn Lobb Jermyn Street ジョンロブのジャーミンストリート店でPhilip II フィリップⅡをMTOしたが、お店の人に許可をもらって店内の様子を写真に収めた。

b0017044_18332117.jpg

この日は他にお客さんがいなかったので靴の写真も撮っておいた。

b0017044_18341495.jpgイヤーモデルの「ジョンロブ2010」
専用シューツリー付で980ポンド


b0017044_18363848.jpgジャーミンストリート店開店15周年記念モデルの「JERMYN 15」
シューツリー付で795ポンド


b0017044_1915482.jpgアイレットがハトメになっている「シティⅢ」
価格はシティⅡと同じ655ポンド(ツリーなし)


b0017044_18361679.jpgプレステージラインの「チャペル」
ツリー付で920ポンド


b0017044_18543322.jpgクラシックラインの「ウィリアム」
680ポンド(ツリーなし)


b0017044_18355874.jpg「ウィリアムブーツ」
885ポンド(ツリーなし)


上記の価格からさらに16.66%のVATリファンドがあるのでかなり安く購入することができる。
[PR]
by ginza-tokyo | 2012-01-09 18:32 | UK イギリス

John Lobb ジョンロブのPhilip II フィリップⅡ

b0017044_2040764.jpg
7月にロンドンのジャーミンストリート店でMTOしたJohn Lobb ジョンロブのPhilip II フィリップⅡが届いた。いつも大体5ヵ月くらいで届くので、別送品の受け取り期限である6ヵ月を超えたことは今のところない。

b0017044_2042389.jpg
今回注文したのはダークブラウン・ミュージアム・カーフ。EウィズであればRTWだが最近はDウィズにシフトしているのでMTOとなった。

b0017044_20472620.jpg
買ったばかりの時はあまり艶がないことが多いが、このPhilip II フィリップⅡはワックスで磨いたかのようにピカピカなので、このまま履いてもよさそうだ。

b0017044_20474631.jpg
フィリップⅡで気に入っているのはシームレスヒール。履いている時は見えないが、こうやってみるととても綺麗なカーブを描いているのがわかる。

b0017044_20501493.jpg
現在手元にあるJohn Lobb ジョンロブのフィリップⅡはこの4足。

b0017044_20503197.jpg
向かって左からダークオーク・カーフ(Eウィズ)、チェスナット・ミュージアム・カーフ(Dウィズ)、今回購入したダークブラウン・ミュージアム・カーフ(Dウィズ)、ブラック・オックスフォード・カーフ(Dウィズ)だ。
一番左のダークオーク・カーフはマイナーチェンジ前のため、現行モデルに比べるとブローギングの親穴が若干大きいのがわかる。個人的にはマイナーチェンジ前の方がくっきりしたデザインなので好きなのだが。

今回も別送品扱いで受け取ったのだが、対応が厳格になっていた。
以前は宅配時に商品と引き換えに別送品申告書を渡せばすんだのだが、今回は事前に別送品申請書原本、パスポートコピー(顔写真と入国スタンプ部分)、レシートコピーの提出を求められた。
免税範囲内だったので関税はかからなかったが、今後別送品にする際は気を付けたい。

今回はフィリップⅡ885ポンド、送料55.43ポンドでVAT還付が147.5ポンドだったので、総額792.93ポンド。円換算だと103,000円で国内の半額以下という驚きの価格だ。当時の換算レートが1ポンド=129円だったので今ならさらに7,000円ほど安く買える。

つぎはいよいよビスポークに挑戦するつもりなのでぼちぼち情報収集を始めようかな。
[PR]
by ginza-tokyo | 2011-12-18 21:32 | Shoes 靴

世界中のJohn Lobb ジョンロブの価格を調べてみる

急激な円高が進んでいて、ついにユーロとポンドがここ10年での史上最安値を記録した。
これだけの追い風でJohn Lobb ジョンロブを購入しない手はないので、どの通貨圏で購入するのが最もお得なのか調べてみた。

まずはポンド圏
1GBP=118.86円(9/22TTM)、VAT返戻率16.66%で計算すると
フィリップⅡ 87,700円(885ポンド)
シティⅡ   64,900円(655ポンド)

つぎにユーロ圏
1EUR=104.09円、VAT返戻率10%(概算)で計算すると
フィリップⅡ 104,900円(1,120ユーロ)
シティⅡ    78,700円(840ユーロ)

最後にドル圏
1USD=76.75円、免税なしで計算すると
フィリップⅡ 116,300円(1,515ドル)
シティⅡ    92,500円(1,205ドル)

ちなみに国内価格
フィリップⅡ 215,250円
シティⅡ   152,250円

やはりイギリスで購入するのが一番お得のようだ。
驚いたことに日本でシティⅡを1足購入する値段でイギリスに行けばフィリップⅡとシティⅡが買えてしまう。
このように書くと国内価格が異常に高いと思うかもしれないが、以前の記事にも書いたようにロシアと中国も日本と同じくらいの価格設定なのだ。
[PR]
by ginza-tokyo | 2011-09-24 08:13 | Shoes 靴

John Lobb ジョンロブにメールする

b0017044_623463.jpg
久しぶりにJohn Lobb ジョンロブのジャーミンストリート店にメールした。

所有している17足のうち明るめの茶色はこのチェスナット・ミュージアム・カーフのほか計5足あるが、今年のようにスーツを着ない時期が長いとかなり重宝することがわかったのでもう1足追加することにした。
b0017044_5513752.jpg

今回はパリジャン・ブラウンにしようと思っているが、パリジャン・ブラウンには斑の目立つミュージアムカーフとミスティカーフの2種類があるので色見本があればメールに添付するよう依頼した。
カーフの種類とモデルをPhilip II フィリップⅡとCity II シティⅡのどっちにするか決めかねているが、ポンドの動きを見ながら考えよう。
[PR]
by ginza-tokyo | 2011-09-12 06:26 | Shoes 靴

John Lobb ジョンロブの靴の価格情報

John Lobb ジョンロブの価格だが、2011年1月の価格改訂以降、特に値上げはしてないようだ。
おもなモデルの価格は以下の通り

フィリップⅡ  885ポンド
チャペル    885ポンド(オックスフォードカーフは1,062ポンド)
ジャーミン15 795ポンド
シティⅡ    753ポンド
ソーントン   753ポンド

渡英をキャンセルした3月に比べて円高に振れているので買い時かもしれないが、最近買い物熱が冷めているので買うかどうかわからない。
[PR]
by ginza-tokyo | 2011-07-02 23:58 | Shoes 靴

John Lobb ジョンロブとEdward Green エドワードグリーンのラスト比較

John Lobb ジョンロブの7000ラストとEdward Green エドワードグリーンの82ラストはともにロングノーズの代表的なラストであるが、見た目の違いを調べてみた。

まずは全体像
b0017044_18323512.jpg
写真の左側がジョンロブのPhilip II フィリップⅡ、右側がエドワードグリーンのChelsea チェルシーだ。
サイズは同じでフィリップⅡはDウィズ、チェルシーはEウィズとなる。
ウィズの違いによるところもあると思うがフィリップⅡの方がウェスト部分が絞り込まれているのがわかる。

つづいてトゥのアップ
b0017044_18344577.jpg
チェルシーがややふっくらしているのに対し、フィリップⅡはよりシャープな感じだ。

さらにサイドからトゥのカーブの感じ
まずはフィリップⅡ
b0017044_18403397.jpg

つぎにチェルシー
b0017044_1841512.jpg
チェルシーの方がアウトサイドカーブがきつくフィリップⅡより内振りになっている。

最後にソール
まずはフィリップⅡ
b0017044_18421594.jpg

つぎにチェルシー
b0017044_18425555.jpg
アッパーから見るのと同様にチェルシーの方がアウトサイドカーブがきついことがわかる。

どちらのラストが合うかは人それぞれだが、私には7000ラストがしっくりくるようだ。
[PR]
by ginza-tokyo | 2011-02-11 18:56 | Shoes 靴


気まま暮らし


by ginza-tokyo

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

記事ランキング

カテゴリ

Shoes 靴
France フランス
UK イギリス
Spain スペイン
Italy イタリア
Belgium ベルギー
Russia ロシア
Hawaii ハワイ
Asia アジア
Gourmet グルメ
Various いろいろ

タグ

(112)
(90)
(69)
(30)
(30)
(25)
(24)
(22)
(15)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(11)
(11)
(9)
(8)
(8)
(7)

以前の記事

2018年 02月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 08月
2016年 05月
2015年 08月
2014年 05月
2013年 12月
2013年 06月
2013年 04月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2005年 06月
2005年 02月
2005年 01月

ファン

その他のジャンル