<   2011年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Edward Green エドワードグリーンのChelsea チェルシーの靴磨き

b0017044_19534917.jpg
最近めっきり出番が少なくなったEdward Green エドワードグリーンのChelsea チェルシーだが、久しぶりにワックスを塗ってみた。

使用するのはJohn Lobb ジョンロブのワックス。
b0017044_19545014.jpg
ジョンロブの缶のワックスはサフィールのOEM生産であることは有名な話だ。

厚塗りにならないように気をつけながら、ワックス塗布→水付け→水付け→ワックス塗布→水付け→水付けという感じで鏡面磨きと同じ手順で磨いてみたが、鏡面磨きとはほど遠い結果に。
b0017044_19541369.jpg
でもなんとなくまわりの風景が反射してるかな。
b0017044_19543517.jpg
パレードグロスの場合は案外簡単に鏡面磨きできるが、サフィールとジョンロブのワックスの場合はコツと根気がないとうまくいかないようだ。
[PR]
by ginza-tokyo | 2011-09-29 21:18 | Shoes 靴

John Lobb ジョンロブのファクトリーセールはいつから?

Northampton ノーザンプトンのJohn Lobb ジョンロブのファクトリーで毎年11月に実施されるセールが今年はいつから始まるのか気になったのでファクトリーにメールしてみた。
昨年のセールでは4月の値上げの影響でセール価格も高かったが、今年はファクトリー価格が下がったので一昨年まであった50ポンドの特価品などもあるかもしれない。

フィリップⅡやチャペルといった代表的なモデルは奇抜な色しかセールにならないことが多いので買いたい靴はないかもしれないが、日本に送ってくれるなら購入を考えたい。
[PR]
by ginza-tokyo | 2011-09-29 08:27 | Shoes 靴

世界中のJohn Lobb ジョンロブの価格を調べてみる

急激な円高が進んでいて、ついにユーロとポンドがここ10年での史上最安値を記録した。
これだけの追い風でJohn Lobb ジョンロブを購入しない手はないので、どの通貨圏で購入するのが最もお得なのか調べてみた。

まずはポンド圏
1GBP=118.86円(9/22TTM)、VAT返戻率16.66%で計算すると
フィリップⅡ 87,700円(885ポンド)
シティⅡ   64,900円(655ポンド)

つぎにユーロ圏
1EUR=104.09円、VAT返戻率10%(概算)で計算すると
フィリップⅡ 104,900円(1,120ユーロ)
シティⅡ    78,700円(840ユーロ)

最後にドル圏
1USD=76.75円、免税なしで計算すると
フィリップⅡ 116,300円(1,515ドル)
シティⅡ    92,500円(1,205ドル)

ちなみに国内価格
フィリップⅡ 215,250円
シティⅡ   152,250円

やはりイギリスで購入するのが一番お得のようだ。
驚いたことに日本でシティⅡを1足購入する値段でイギリスに行けばフィリップⅡとシティⅡが買えてしまう。
このように書くと国内価格が異常に高いと思うかもしれないが、以前の記事にも書いたようにロシアと中国も日本と同じくらいの価格設定なのだ。
[PR]
by ginza-tokyo | 2011-09-24 08:13 | Shoes 靴

John Lobb ジョンロブからの返事

b0017044_4102361.jpg
John Lobb ジョンロブからパリジャン・ブラウンの件で返事が届いた。
大体翌営業日には返事をくれるので、そのサービスの良さにはいつも感心させられる。

ミュージアムカーフとミスティカーフの違いを比べたかったので色見本をお願いしていたが、残念ながら色見本はつけてくれず、ミュージアムカーフの方がよりマーブルだとコメントがあるだけだった。
どちらにするか悩むところだが、パリジャン・ブラウンは写真のブラッケンより色が薄く斑が目立ちやすいのでミスティカーフにした方が飽きずに長く履けそうな気がする。
b0017044_4114390.jpg
値段は以下の通り

                定番色   パリジャン・ブラウン
フィリップⅡ        885ポンド   1,020ポンド
シティⅡ、ソーントン   655ポンド    786ポンド

パリジャン・ブラウンはスペシャルオーダーになるので定番色より高くなるが、VATリファンド16.66%を加味し1ポンド=120円で計算すると、わずか78,600円でCity II シティⅡが買えてしまう。
つまり、クロケット&ジョーンズのハンドグレードラインを国内で購入するのとほぼ同じだ。

このチャンスを逃す手はないので、もう少しポンドの動向を見てから注文しようと思う。
[PR]
by ginza-tokyo | 2011-09-17 04:48 | Shoes 靴

John Lobb ジョンロブにメールする

b0017044_623463.jpg
久しぶりにJohn Lobb ジョンロブのジャーミンストリート店にメールした。

所有している17足のうち明るめの茶色はこのチェスナット・ミュージアム・カーフのほか計5足あるが、今年のようにスーツを着ない時期が長いとかなり重宝することがわかったのでもう1足追加することにした。
b0017044_5513752.jpg

今回はパリジャン・ブラウンにしようと思っているが、パリジャン・ブラウンには斑の目立つミュージアムカーフとミスティカーフの2種類があるので色見本があればメールに添付するよう依頼した。
カーフの種類とモデルをPhilip II フィリップⅡとCity II シティⅡのどっちにするか決めかねているが、ポンドの動きを見ながら考えよう。
[PR]
by ginza-tokyo | 2011-09-12 06:26 | Shoes 靴

デニム選びの困りごと

b0017044_1521170.jpg

デニムはこの1本しか持っていない。

ほんとは何種類も欲しいがマイサイズを扱っているブランドがほとんどないのだ。
ウェストについては問題ないがどれも長さが足りない。
リーバイス、ヤコブコーエン、シヴィリア、チンクエタスケ等いろいろ試したがどれも3~5センチ短い。
唯一長さが足りるのは股下90センチで展開しているPT05のみ。

写真のリーバイス501は20年前に購入したもの。
当時国内ではレングス36インチまでしか扱っていなかったが、フィレンツェに行った時にたまたまこの38インチを見つけたので即購入した。
最近知ったが20年経った今もサイズ展開は変わってないらしい。
日本人の体型はずいぶん変わったと思うが、長いサイズを展開しないのはあまり売れないからなのだろうか。

幸運にも昔の体型を維持していて体重は20年でわずか500グラムしか増えていないので、今でも履くことはできるがそろそろ新しいデニムが欲しい。
国内で買えないなら個人輸入するしかないかな。
[PR]
by ginza-tokyo | 2011-09-03 02:30 | Various いろいろ


気まま暮らし


by ginza-tokyo

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

記事ランキング

カテゴリ

Shoes 靴
France フランス
UK イギリス
Spain スペイン
Italy イタリア
Belgium ベルギー
Russia ロシア
Hawaii ハワイ
Asia アジア
Gourmet グルメ
Various いろいろ

タグ

(112)
(90)
(69)
(30)
(30)
(25)
(24)
(22)
(15)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(11)
(11)
(9)
(8)
(8)
(7)

以前の記事

2018年 02月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 08月
2016年 05月
2015年 08月
2014年 05月
2013年 12月
2013年 06月
2013年 04月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2005年 06月
2005年 02月
2005年 01月

ファン

その他のジャンル