カテゴリ:France フランス( 13 )

パリでバターを買う

今年のパリ旅行ではバターを買ってきた。
日本でも手に入るがフランスなら国内価格の7~8割引きで購入できる。

1.パスカル・ベイユヴェール
b0017044_10424539.jpg

今回購入したのはこの3種類
DEMI-SEL(減塩)250g 3.95ユーロ(約455円)
DOUX(無塩)250g 3.95ユーロ(約455円)
DEMI-SEL CROQUANT(減塩粒入り)125g 2.2ユーロ(約253円)

どれもおいしいのだが、しいて言えば減塩か減塩粒入りがコクがあって良い感じだ。
ちなみに国内価格はDEMI-SELとDOUX(250g)が1,580円、DEMI-SEL CROQUANT(125g)が798円。

2.ボルディエ
b0017044_11071034.jpg

今回購入したのはこの2種類
Doux(無塩)250g 5ユーロ(約576円)
Algues(海藻入り)125g 3.6ユーロ(約415円)

こちらは文句なしに海藻入りがおいしい。
ちなみに国内価格はDoux(250g)が2,480円、Algues(125g)が1,998円と高めだ。

パスカル・ベイユヴェール、ボルディエともにギャラリー・ラファイエットB1のラファイエット・グルメで購入できる。
レジで精算後、チーズ売り場に持っていけば無料で真空パックにしてくれるのでとても便利。
上のボルディエの写真が真空パックされたものだ。

今回購入したのは8月10日であったが、保冷バッぐに真空パックされたバターを入れ、さらに適当な冷凍食品を保冷剤代わりに入れることで、帰国後自宅に帰るまで冷えたままだった。
この方法ならホテルに冷凍庫がなくても夏でも安心して持って帰れる。

[PR]
by ginza-tokyo | 2016-08-21 11:47 | France フランス

2年ぶりのパリ旅行

今年はまたパリに行くことに決めた。
しかも初めての冬のパリ。

ただ、12月に行くので残念ながらセール時期には合わない。
パリのセール時期は政府によって決められていて冬は1月からとなっている。

今回もJALのマイレージの特典航空券を予約したが、サーチャージと諸税を合わせて
約31,000円と2年前より25,000円ほど安くなっている。
最近の原油安でもう少し待てばさらに安くなりそうだったが、
空席がなくなりそうなので早めに予約した。

またいつものようにホテル探しとレストランの予約が始まる。

[PR]
by ginza-tokyo | 2015-08-15 11:19 | France フランス

1年ぶりのパリ旅行

b0017044_1344419.jpg
今年の夏の旅行はパリに決めた。
今回で8回目くらいになるが何度行っても飽きない魅力がある。

ほぼ毎回ヴェルサイユ宮殿に行っていたが、混雑がひどいので最近行くようになったのがこちら。
b0017044_14533017.jpg
フォンテーヌブロー城だ。
ここはナポレオンがエレベ島に流される前に居所としていた城で、ヴェルサイユに劣らぬくらい豪華な内装を備えている。
それにもかかわらず、観光スポットとしてあまり知られていないのか待ち時間はほぼゼロ。
写真はナポレオンが使用していた椅子で、天蓋の両脇にナポレオンを意味する"N"のマークが見える。

今回もJALのマイレージで特典航空券を予約したが、ハイシーズンなのに空きがあったのには驚いた。
今までは1年前の売り出しと同時に完売となっていたのだが。
サーチャージ・諸税含めて56,000円程度かかるが、この時期としては破格。

あとはホテルを予約するのみだ。
[PR]
by ginza-tokyo | 2013-06-16 14:13 | France フランス

パリのレストラン探し

パリには星の数ほどレストランがあるといわれているのでどのレストランに行けばいいか迷ってしまう。
旅行ガイドに載っているレストランに行くのが手っ取り早いかもしれないが、どうせなら評判のレストランに行ってみたいもの。

パリにも日本のぐるなびのようなレストラン情報サイトが多数存在していて、その中で特におすすめなのがザ・フォークだ。
ザ・フォークはレストランの情報に加えてユーザーレヴューあるのが特長で、しかもミシュランとゴーミョーのカテゴリーもわかるのでレストラン選びの目安となる。

先月の旅行では、”値段25~50ユーロ”、”ユーザーレヴュー数と得点が上位”、”ミシュランとゴーミョー掲載”の条件で検索したレストランに行ってみた。

L'epi Dupin(レピ・デュパン)
b0017044_14263950.jpg
ボン・マルシェのあるセーブル・バビロン駅から徒歩5分。ジョンロブやエドワードグリーンがあるリュー・デュ・バックの隣の駅だ。
お客さんは地元の人がほとんどだが日本人客が数組いた(後で調べると地球の歩き方に載っているらしい)

今回のコースはこれ。
アミュゼの冷製スープ。深みのある味だった
b0017044_14271345.jpg

アントレ。素材は忘れてしまった
b0017044_14273464.jpg

メインはカモ
b0017044_1428582.jpg

デザート
b0017044_14282941.jpg
どれも味付けがしっかりしていてこれで33ユーロはお得。
この他ビール、ソフトドリンク、ハーフボトルのワインを頼んで2人で96.9ユーロ。

この店の一番助かる点は日本語を話せるギャルソンがいること。
食材を表すフランス語は勉強していったが、やはり日本語で説明してもらう方が理解しやすい。
[PR]
by ginza-tokyo | 2010-08-14 14:43 | France フランス

ロワール古城めぐり

先の旅行で行ったロワール古城めぐりについてまとめてみた。

1.パリからブロワ(Blois)へ
電車の時刻表は日本国内の路線検索と同じように調べられるので便利だ。
基点となるメトロの駅からオーステルリッツ駅(Austerlitz)まではRATP(パリ交通公団)のHPで、オーステルリッツ駅(Parisと入力)からブロワ駅(Blois)まではSNCF(フランス国鉄)のHPで調べる。

7:25 オーステルリッツ発
8:59 ブロワ着
ブロワまではコライユ・アンテルシテ(Corail Intercites)という特急で約1時間30分
2等車で25.6ユーロ(約3,000円)だが、3週間前なら変更不可の早割切符が10ユーロで購入可能。自宅のプリンタで印刷した切符でそのまま乗れる。

2.ブロワからシャンボール城へ
ブロワ駅を出て左手にバス乗り場がある
b0017044_12472622.jpg
9:10発のLine18のバスに乗ると9:50にシャンボール城に着く。
このバスは途中下車可能な周遊バスなので、城を見学して後から来るバスに乗ることもできる。
運賃は6ユーロで切符を見せると入場料が割引になる。

シャンボール城は見どころのあるとても大きな城なのでゆっくり見学するには3、4時間ほど必要だ。
b0017044_1413190.jpg
b0017044_13131850.jpg
レオナルド・ダ・ヴィンチが設計したとされる二重らせん階段
b0017044_054211.jpg

3.シャンボール城からブロワへ
ブロワ駅へ戻るには往きの周遊きっぷが有効だが、Line18のバスが14:22、16:43しかないため、Line2で戻るのがよい。運賃は2ユーロ
シャンボール城のLe Marronnierというバス停は往きに下車するところと同じなので迷わないはず。バス停はこれ。
b0017044_051394.jpg

13:10発のバスに乗ると13:50にブロワ駅に着く。

4.ブロワからシュノンソーへ
15:31 ブロワ発
16:10 トゥール着
16:33 トゥール発
17:04 シュノンソー着
運賃は22ユーロ。シュノンソー城は駅から徒歩5分くらい。
この並木道を抜けると城が現れる
b0017044_13151276.jpg
シュノンソー城はさほど大きくはないが、庭園までみると1時間半位は必要かな。
b0017044_1317583.jpg

5.シュノンソーからパリへ
18:58 シュノンソー発
19:27 トゥール着
19:44 トゥール発
21:35 モンパルナス着
トゥール→モンパルナスはTGVで42.5ユーロ(約4,900円)だが、1ヵ月以上前なら変更不可の早割切符が20.2ユーロで購入可能。
自宅で印刷した予約確認書をもとに空港かパリ市内のSNCFのカウンターで切符を購入すること。

ロワール古城めぐりにはバスツアーもあるが一つひとつの城をゆっくり見れないので、労力を惜しまない人には電車で行くことをお勧めする。
また、バスツアーだと145ユーロするが、上記のルートを電車で回ると111ユーロですむ。
[PR]
by ginza-tokyo | 2010-08-01 14:18 | France フランス

パリの靴屋巡り

今回のフランス旅行は観光メインだったが、1日だけショッピングをすることにした。
まずはカプシーヌ大通りのオールドイングランドへ。
オペラ座から200m程行ったところのインターコンチネンタル・ル・グランホテルの1階にある。
b0017044_1338311.jpg
エドワードグリーンが一部セールで560ユーロになっていた。
12 boulevard des Capucines 75009 Paris
(この住所をgoogle地図検索すると簡単に店の場所がわかる)

つぎにラ・ぺ通りのマサロへ。
オペラ座からヴァンドーム広場に向かって400m程行った右側にあるが見つけにくい。
その先の交差点にシャルベがあるので、そこまで行くと行きすぎだ。
b0017044_13525532.jpg
残念ながら店は開いていなくて、入口も見つからなかった。
どうやら店は2階にあるようだが予約しないと入れないのかもしれない。
2 rue de la Paix 75002 paris

つづいてサントノレ通りのジョンロブへ。
エルメス本店と同居している店舗だ。
b0017044_13563373.jpg
以前はこのブログのトップページのアイコンのような店構えだったが、近年改装している。
靴はジャーミンストリート店に注文したのでここではデリケートクリームを17ユーロ(約2,000円)で購入。
ちなみに日本では3,150円、ロンドンでは10ポンド(約1,350円)。
21 rue Boissy D'Anglas 75008 Paris

メトロに乗ってサン・ジェルマン・デ・プレ方面へ移動しジョンロブのサン・ジェルマン店へ。
リュー・デュ・バック駅からサン・ジェルマン大通りをサン・ジェルマン・デ・プレ方面へ向かって100m程行った左側にある。
b0017044_1431416.jpg
ここではスウェード素材のシティⅡやあまりメジャーじゃないラインの靴が半額になっていた。
226 boulevard Saint Germain 75007 Paris

エドワードグリーンのパリ店はジョンロブの真向かいにある。
b0017044_14122527.jpg
訪問した7月17日にはすでにセールは終わっていたが、陳列している靴の数がものすごく、ジャーミンストリート店の2、3倍はあった。
199b boulevard Saint Germain 75007 Paris

リュー・デュ・バック駅からラスパイユ大通りを南下して100m程行くと左手にオーベルシーを発見。
b0017044_14155398.jpg

さらにラスパイユ大通りを100m程進み、左に曲がったグルネル通りに入り100m程行ったクリスチャン・ルブタンへ。
ルブタンはサントノレ通りにもあるので隈なく探したが見つからなかった。
グルネル通り店は小さな店舗であるがドアマンもいて、店内はセレブっぽいお客さんで混んでいた。
b0017044_14182997.jpg
ここでは新作のパテントカーフのパンプスを購入。もちろん自分用ではない。
価格は395ユーロでリファンド42.7ユーロを差し引くと、わずか352.3ユーロ(約40,500円)だった。
日本では73,500円なので、なんと45%引きの計算だ。
紳士靴だけでなく、婦人靴も海外で購入するのがかなりお得のようだ。
40 rue de Grenelle 75007 Paris

この通りにはパラブーツもあった。
b0017044_1430456.jpg

今回靴の価格を再確認したが、やはりイギリスで購入する方がお得だ
ジョンロブ
フィリップⅡ  1,120ユーロ (850ポンド)
レーゼンビー  970ユーロ (815ポンド)
チャペル    1,150ユーロ (885ポンド)
シティⅡ    840ユーロ (630ポンド)
ロペス     900ユーロ

エドワードグリーン
チェルシー、バークレー、カドガン 795ユーロ (585ポンド)
ミッドフォード 820ユーロ (595ポンド)
ドーバー    900ユーロ
(カッコ内は2010年2月時点のイギリス価格)
[PR]
by ginza-tokyo | 2010-07-25 15:02 | France フランス

2年ぶりのパリ

今日(13日)の夕方6時過ぎにCDG空港に着いた。
気温は27度で東京より若干涼しいが、そこそこ湿度もあるのであまり快適ではない。

今日はオペラ座でバレエを観るのを楽しみにしていたが、AF便の機材の不具合で2時間も出発が遅れたためオペラ座に着いたのは幕間だった。
しかも期待していた古典的なものではなかったのでちょっと残念。

オペラ座は冷房がないのかあるけど効かないのかわからないが、うだるような暑さだった。特にオーケストラは観劇の邪魔にならないように舞台より低いところに位置しているため、かなり蒸し暑い中でがんばってるんだと思う。

夏のパリはかなり遅い時間まで明るく、この写真は午後10時半ごろ撮ったものなのだ。
b0017044_8383670.jpg

ただ、レストランは22時に閉店するところが多いのでうっかりしていると夕食を食べ損なってしまう。
まさに今日がその失敗の日でギャラリーラファイエットの裏のカバブ屋で済ます羽目になってしまった。

チェックインすると箱が2つ届いていた。
b0017044_0193316.jpg

ひとつは以前MTOしていたCity II シティⅡ。色はブラッケン・ミスティ・カーフ
b0017044_0195667.jpg

b0017044_0201596.jpg

もうひとつの箱の中身は先日購入したDウィズ用のシューツリー。最近地道にEウィズをDウィズに入れ替えているのだ。

明日は革命記念日のイベントで街中は混みそうなのでヴェルサイユに行くことにした。
週末と水曜日しかやっていない大噴水を観るつもりだが、明日は雨の予報なのでそうなると意味がないなぁ。
[PR]
by ginza-tokyo | 2010-07-14 09:29 | France フランス

パリ→ブリュッセル→スキポールの移動手段

夏の旅行はオランダのスキポール空港から日本に戻るのでパリからの移動手段を調べてみた。

パリからスキポール空港に直行する場合は陸路と空路が使えるが、今回はブリュッセルに1泊するため陸路での移動となる。なお、空路を調べるにはスカイスキャナーが便利。

まずはパリ(北駅)-ブリュッセル(南駅)間
所要時間はユーロスターで1時間20分だ。
予約にはユーロスターHPとレイルヨーロッパHPなどが使えるが、レイルヨーロッパは手数料がかかるのでユーロスターのHPから予約した。
2等車両で35ユーロ(約3,800円)。

つづいてブリュッセル(南駅)-スキポール空港間
所要時間は高速列車タリスで1時間37分だ。
予約には同じくレイルヨーロッパHPとタリスHPなどが使えるが同様の理由からタリスHPから予約した。
こちらは1等車両で39ユーロ(約4,200円)。

ユーロスターもタリスも予約時期によって運賃が異なり、早めに予約した方が安くなるようだ。とはいえ、合計74ユーロ(約8,000円)でユーロ安の影響もありかなり安くすんだ。
[PR]
by ginza-tokyo | 2010-06-06 02:35 | France フランス

電車でロワール古城巡りをする

夏の旅行ではロワールの古城めぐりをする予定だ。
ロワールのすべての城を回るにはトゥールかブロワに1泊しなければならないが、今回は日帰りで主要な城を回ることにした。

まず考えたのがマイバス社の日帰りツアーだ。
このツアーだとシャンボール城シュノンソー城、アンボワーズ城(車窓から)、クロ・リュセを回り、昼食もついて145ユーロ(約16,000円)で、パリからバスで行けるのは楽だが一つひとつの城の見学時間が短すぎるのが難点。
シャンボール城とシュノンソー城をじっくり観るには2~3時間くらい必要だが、マイバスツアーだとシャンボール城が30分、シュノンソー城が1時間しかない。

そこで電車路線バスで回る方法を調べてみた。
7:25オーステルリッツ駅 ⇒ 8:59ブロワ駅<電車、10ユーロ>
9:10ブロワ駅 ⇒ 9:50シャンボール城<路線バス(Line18)、6ユーロ>
シャンボール城を3時間見学

13:10シャンボール城 ⇒ 13:50ブロワ駅<路線バス(Line2)、2ユーロ>
ブロワ城を1時間見学

15:31ブロワ駅 ⇒ 16:10トゥール駅<電車、9.8ユーロ>
16:33トゥール駅 ⇒ 17:04シュノンソー駅<電車、6.1ユーロ>
シュノンソー城を1時間40分見学
(21:44トゥール発のTGVに乗るなら2時間40分見学可能)

18:58シュノンソー駅 ⇒ 19:27トゥール駅<電車、6.1ユーロ>
19:44トゥール駅 ⇒ 21:35モンパルナス駅<TGV、20.2ユーロ>

これに入城料28ユーロをあわせて合計で88.2ユーロ(約9,700円)なので、電車の方がマイバスツアーより安いうえ見学時間も十分取れるので、日帰りで古城巡りをする人にはオススメだ。
[PR]
by ginza-tokyo | 2010-05-30 23:16 | France フランス

スムーズに出入国手続きをする

最近は海外旅行もeチケット化され2時間も前に空港に到着する必要はなくなったが、相変わらず時間がかかるのが出入国手続きだ。
ハイシーズンでは数十分から1時間程度並ばなければならないこともあり出発前から疲れ果ててしまう。

この混雑緩和のために2007年から自動化ゲートが導入されている。
事前に登録しておけば出入国手続きの長蛇の列に並ぶ必要がなく、無人ゲートでスムーズに手続きを済ませることができるのだ。
登録方法は次の2種類だ。
1.出国前に入国管理局で手続き(東京の場合は天王洲アイル駅下車)
2.出国当日に空港の出国審査場で手続き

1の場合はわざわざ入国管理局まで行かなければいけないのが難点。
2の場合は出国当日に5分程度で手続きできるが混んでいると時間がかかる。

用意するのはパスポートと申請書(カウンター備え付け)で手続料は無料だが、左右の人差指の指紋を取られる。有効期限はパスポートの有効期限の前日まで。
法務省のPRがなくあまり認知されていないため活用するメリットは大いにありそうなので、夏のパリ旅行の際には使ってみたい。
[PR]
by ginza-tokyo | 2010-05-09 21:57 | France フランス


気まま暮らし


by ginza-tokyo

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

記事ランキング

カテゴリ

Shoes 靴
France フランス
UK イギリス
Spain スペイン
Italy イタリア
Belgium ベルギー
Russia ロシア
Hawaii ハワイ
Asia アジア
Gourmet グルメ
Various いろいろ

タグ

(112)
(90)
(69)
(30)
(30)
(25)
(24)
(22)
(15)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(11)
(11)
(9)
(8)
(8)
(7)

以前の記事

2018年 02月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 08月
2016年 05月
2015年 08月
2014年 05月
2013年 12月
2013年 06月
2013年 04月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2005年 06月
2005年 02月
2005年 01月

ファン

その他のジャンル